クスノキミノルのはつらつインフォメーション

canforo.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2009年2月20日(金)

関西歌劇団の研修生による研修発表公演です。
3作品をオペラハイライトで上演します。
僕はお手伝いで参加します。

W.A.モーツァルト 【フィガロの結婚】
指揮・船曳 圭一郎   演出・唐谷 裕子  ピアノ:鎌田 史子

・伯爵:米田 良一郎
・伯爵夫人:土岐 真弓 & 牧野 浩子
・スザンナ:嵐 麻衣 & 谷口 友佳子 & 松野 圭子
・フィガロ:有元 正人
・ケルビーノ:相澤 あゆみ

W.A.モーツァルト 【コジ・ファン・トゥッテ】
指揮・奥村 哲也    演出・井原 広樹  ピアノ:殿護 弘美

・フィオルディリージ:末廣 早苗 & 三輪 千賀
・ドラベッラ:岡垣 優 & 田邊 牧子
・デスピーナ:山本 純子
・フェルランド:清原 邦仁
・グリエルモ:松澤 政也
・ドン・アルフォンソ:楠木 稔

G.C.メノッティ 【泥棒とオールドミス】
指揮・牧村 邦彦    演出・井原 広樹   ピアノ:外山 彩

・ミス トッド:白石 未来
・ミス ピンカートン:木村 琴恵
・レティーシャ:大西 美帆 & 源 雅代
・ボブ:藤井 章雄

会場:ピッコロシアター 大ホール

開場 16:30
開演 17:00

料金 一般¥2,000  中高生¥1,500 (全席自由)

1場面しか歌いませんが、僕がアルフォンソ…笑
青年役の二人の大先輩に哲学を教えるわけですから、照れくさい。
[PR]
by minoru_kusunoki | 2009-01-31 05:36 | Comments(0)

食べて捻挫が治るなら…

今インフルエンザって2種類が流行ってるんですね。
1回かかったから免疫あるし安心してたけど、まだ気をつけなあかんなぁ。


歌をやってるとインフルエンザや風邪にかかってしまったら仕事ができなくなります。
サッカー選手でゆう捻挫でしょうか?捻挫にも軽傷、重傷ありますが。


しかもその捻挫がチームメイトにうつるんですからやっかいですね。
無理して稽古に行くと嫌がられるし。



そしてうつらないけどやっかいなのが花粉症。
何故か歌の人結構悩んでいる人多いですね。
僕も花粉症暦10年くらい。ずっと苦しんで歌っていました。


そんな時、重症の母親が、ヨーグルトを食べたら治ったような気がする…だって。
それは『カスピ海ヨーグルト』で自分で菌をふやして作るみたい。


ダメもとで去年菌を送ってもらって食べ続けるとなんと!症状が軽い軽い。
去年はクシャミ10回もしなかった。


味もおいしいし乳製品が好きだから、もう1年以上毎日作って食してます。
b0121405_411790.jpg

冬は気温が低いのでなかなか発酵しないからストーブで菌よ増えろー。
菌の種類もいろいろあるらしいし、人によっていろいろだと思いますが苦しんでる皆さん、おすすめします♪
[PR]
by minoru_kusunoki | 2009-01-30 04:19 | Comments(5)

なぜ中部大会?

三重県の熊野市とゆうところで生まれ育った私。
中学時代、まあまあ強かった野球部に所属しておりました。


そして3年の最後の夏、どんどん勝ち進み、地区大会優勝。
県大会も3位になり、1位と2位は東海大会へ、僕達3位は中部大会に出場することになる。


中部大会は当時、中日ドラゴンズのホームグラウンドである名古屋球場で開催され、負けた時は高校球児が甲子園の土を持ち帰るように、名古屋の土を持ち帰ったそんな青春時代。
b0121405_2347497.jpg


こんなこともあって、僕はずっと三重県は『中部』なんだと思い込んでいました。


しか~し、大阪に出てきて、三重は『近畿』のはずで『中部』ではない!っと友達と口論に。意地になって百科辞典で調べてみると…あれっ『近畿』ですやん!


よくテレビとかでも三重って近畿なのか?それとも東海なのか?とゆうことでもめてて、三重県知事に聞いても「どちらともなんじゃないですかねぇ」みたいな曖昧な返答。。。


三重県民もあまりわかってない問題ですが、ようするに近畿とか中部とかの区分だと
『近畿』で、東海とか関西とかの区分だと『東海』らしいね。


関西人から言うと
近畿なのに関西ちゃうって…中途半端やなぁ!

っといわれますが、そこが素敵なんだと声を大にして言いたいね。



しかし今になっても納得いかんのが、なんで中部大会やねん!!ってことやね。
[PR]
by minoru_kusunoki | 2009-01-28 23:37 | Comments(0)

今年の夏も熊野が熱い!

人口約2万人の熊野市。


海と山と花火しかない小さな町でベートーベンの第九をやるらしい。


ちゃんとしたオーケストラに指揮者、歌唱指導者も本格的にしてて、去年の4月から合唱団を集めたらすぐに100人以上集まった。


まさかこの小さな町がこんな企画を立てて、こんな大きなコミュニティーになるとは!
3年計画でするらしく、年に何度もいろんな合唱曲や演奏会で構成されたコンサートをやって3年後に第九を披露する。


こんなに音楽に充実した町になるとは夢にも思わんかった。


そんでこの夏7月5日にもコンサートがあって、歌唱指導の小玉洋子さんと共に一緒に僕も歌わせていただくことになりました。


もちろんメインは合唱団の演奏会ですが、その中で僕等が歌うコーナーがあるそうです。

去年の夏、地元熊野市民会館でオペラをさせていただいて、もうしばらくは地元で歌うことはないと思ってましたが、こんなにも早く歌う機会がくるとは…。ほんまありがたいですね。


合唱団には僕の父親と伯母さん(父の姉)も入っているので、同じコンサートに家族と参加できる数少ない貴重な体験ができて、恥ずかしいやら嬉しいやら。。。


この夏も是非、熊野市民会館へ足を運んでください♪
[PR]
by minoru_kusunoki | 2009-01-25 23:57 | Comments(0)

風通しのよい窓

あららら、綺麗な人…やのになぁ。




中学時代、野球部だった僕達は練習終了後、汚れたユニフォーム姿で颯爽と歩く。
すると通りすがりの女子達が僕達を見てキャピキャピと黄色い声。


おっ、とうとう野球部の時代がきたか。。。


すがすがしい風が吹くねぇ。



更衣室に行き、学ランに着替えよとすると…



あっ、



ズボンのチャックが全開ですやん!!
しかも僕だけじゃなくて仲間の一人も半開だし。
野球のズボンのチャックってすぐ壊れるからね。。。


どうりで風を感じると思ったら。。。
女子達は社会の窓の開きっぷりを笑ってたわけで、時代はきてなかったか。





昨日雨だったので久しぶりに電車で稽古場へ。
前に立ったおねえさん、風通しがよくなってますやん!


あららぁ…男子はいいですが、女性は大変でよね。
[PR]
by minoru_kusunoki | 2009-01-22 19:55 | Comments(0)
大阪に出てきた18歳の春、引越しの作業も終え、家の近くの喫茶店で休息をとることに。
店内には何故かクラシックのCDが売ってました。さすが音大の近くですね。
(もちろんその喫茶店は今はなきシンフォニー)


これから音大生活頑張れよ!っとゆう意味もこめて父親にCDを買ってもらいました。
そのCDがフォーレのレクイエム。


父親はクラシックが好きで、僕が小さい頃はよくレコードからクラシックが流れてました。
我が家はオンボロでしたが、ステレオだけは立派でした。


大阪での一人暮らし、オンボロアパートには冷蔵庫とミニコンポしかなかったので、家にいるときは常にCDをかけてて、買ってもらったフォーレのレクイエムをよく聴いておりました。


そして10年後の今日、やっとこの曲を歌える機会がやってきました。
父親は来れませんでしたがすごく喜んでくれたみたい。
b0121405_235253.jpg

僕には難しい曲ですが、思い入れのある曲ですから無事に歌いきりたい気持ちでいっぱいなわけですよ。


本番は順調!



順調?



なんかおかしい。



んんんん??



なんだかズボンがしっくりこない…。




1曲目歌い終わり、座ってみるとやっぱり違和感が…。




って、サスペンダー肩にかかってませんやん!!
(ベルトのかわりに肩からズボンを支えてるバンドね)


休憩中にリラックスするためにホックはとめたまま肩からはずしてて、そのまま上着きたからサスペンダーが横と後ろからチョロっとはみ出したまま舞台にたってますやん。


幸い前からはあまり見えない位置だから客にはあんまりわからなかったと思いますが…、
少しズボン下がり気味で多少足が短くみえたくらいですんだかな。。。


後ろで歌ってる合唱団の中の数人は気づいてたみたいだけど…。


2曲目歌う時は気になって気になってしかたなかったね。
退場する時は横向くから、不自然に楽譜でサスペンダーをかくしながら、しかもズボンがズレないように退場!


せっかくの思い出の曲なのに、いろんな汗をかいた本番でした…苦笑
[PR]
by minoru_kusunoki | 2009-01-18 23:17 | Comments(0)

やっと正月

漁師の孫ですから、やっぱり海の幸は最高ですね。


実家からイカを2はい、フグのミリン干、餅に野菜を送っていただきました。
ちょっと遅いですが、お雑煮とイカと大根炊いたんのとフグとでちょっとした正月気分。


しかし、知識がないのでイカの内臓や墨の使い方がいまいちわからん。
いいダシがでそうだけどなぁ。


しかし今年のニューイヤー駅伝すごかったね。いまさらだけど。
学生時代少しかじってたので、血がさわぎますね。


いまだに癖で自転車で抜かれる時に、相手がゲンチャでもついていこうとしてしまいますね。
いつのまにか競争してしまって、現地についたら汗だくになることもよくあります。
おばちゃんのゲンチャと市営バスとよく競争しますね。(もちろん安全な程度に)

車運転される方、自転車に気をつけて安全運転お願いしま~す。
[PR]
by minoru_kusunoki | 2009-01-15 14:42 | Comments(0)

4回目

インフルエンザのせいで痩せてしまったかも。
もう3キロくらい肉ほしいなぁ。


b0121405_1211780.jpg

                              ↑
昨年、人間の動きではない…っとまで言われたこの役、今年もやることに決まりました。
(上写真とは別の団体での公演です。3部作全部をアルカイックホールで上演します)
巷では千と千尋の神隠しにでてくる「かまじい」とか「動きの機敏な虫のよう」と言われましたが、さすがに今回の演出家(中村氏)の前でやる勇気がありません…。

演出家との戦いに勝って、なんとかかまじいをやれたらなぁと思っておりますが…。



もうさすがに4回もしたらやりすぎですね。おそらく最後になるのではないでしょうか。
これを見逃すと後悔しますよきっと。(見たら後悔するかもしれんけど…笑)
10月是非おこしください。
[PR]
by minoru_kusunoki | 2009-01-12 12:16 | Comments(0)

ほんまにイタリア人か?

今年のインフルエンザは(僕だけかもしれませんが)関節痛くならないし、食欲もあるのでごきげんだし、気づきにくいかもしれませんが、熱あがったら48時間以内に病院に行ってくださいませ♪


予定では2月の後半から4月半ばまでイタリアとウィーンに行くつもりでした。



しかし諸事情で4月に行くことに変更。。。
っとゆうことで2月の後半から4月半ばまでまったく仕事入れてなかったので、この時期無職です。


何処へでも歌いに行くので、お仕事のオファーお待ちしておりま~す♪♪

今日は、サッカーより野球が好きで毎週バッティングセンターに行ってる同じ年のイタリア人男性に遭遇。そんなイタリア人いるんやなぁ。
[PR]
by minoru_kusunoki | 2009-01-09 21:18 | Comments(0)

しんわと初詣。

体調もよくなり、病み上がりには厳しい寒さでしたが、鈴蘭台までいってまいりました。


神戸新開地から高速南北線での電車の道のりは、地元熊野の雰囲気とそっくり。
あの感じの景色は良いですね。


向かったのは藤原紀香の母校である「親和女子大学」
親和←この読みを「しんわ」、「しんな」と、しばらくの間討論になっていましたが(個人的に)、結局は両方使われているらしいですね。

古い人と神戸のひとだけ「しんな」とつかって、他の地域ではしんわと使い分けてるみたいですね。ややこしや~。


しかし親和のコーラス部の皆さんはほんま純粋で、さわやかでしたね。
歌にもその純粋さがでておりました。


5日間歌どころか声すらだしてなかったので、ぜんぜん歌えへんかったなぁ…。
来週までにはもとにもどさなければ!





稽古早く終わったので、昨年の夏何度もお参りに行った服部にある住吉神社に初詣。
b0121405_5122484.jpg

さすがに人はほとんどいませんでした。
我が愛車も一緒に撮影。


このケッタかわいいなぁ。今年もこの愛車で何千キロも移動させていただきます♪
[PR]
by minoru_kusunoki | 2009-01-08 05:21 | Comments(0)

演奏会の告知をいたします


by minoru_kusunoki