クスノキミノルのはつらつインフォメーション

canforo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 480 )

たまにバリトン歌手も歌いますが基本テノールが歌うモノスタトス。
歌は少し高かったですが、キャラクターはとってもやりやすく、暴れまくってきました~。
(たぶん、世界一機動力の高いモノスタやと思います…笑)

最近ボクシングや筋トレもサボりがちで、だらしない体になってきましたが、この週末だけは北斗の拳くらいムキムキに(写真じゃわかりにくいですが、体はボディースーツです)

b0121405_02121934.jpg

今回は若手とベテラン、中堅のバランスが素晴らしく、キャスティング最高!指揮者はもちろんのこと、演出プランや美術に照明、本当にアイデアに溢れていて、とっても魅力的な舞台に関われて幸せな時間でした。


そして、あの複雑な舞台を少人数でさばく舞台スタッフさんには頭が上がらない。凄い!それとメイクさん、黒人メイクなのに滝のような汗ですぐに色白になってしまい、何度もメイク直しして頂き申し訳ありませーん(笑)

私のシーンの冒頭、大蛇の抜け殻を掴むさい、勢い余って床に指が当たり結構ひどい突き指。特に1幕は痛さのあまり、ちゃんと演唱できたか記憶にないですが、なんとか無事に終えてよかった~。


新しい役をする時は、本当に刺激的!


年明けにはまた新しいことにチャレンジできそうな予感。。。
急に面白そうな新感覚なお仕事のオファーが続いてるので、ワクワクもんです♪



こうご期待!!


[PR]
by minoru_kusunoki | 2017-09-29 02:23 | Comments(0)

11回目の結婚式。

ドン・ジョヴァンニ、大盛況で終える事ができました。

私の大好きな役で、大好きな師匠と、兄弟弟子とで作り上げた舞台は楽しかったです。
同じ役を11回、しかも違うプロダクションで歌うことは、オペラでは中々できないことなので、この役で成長させていただいたと思っております。

ただ、新婚の役とゆうことなので、38歳の私には見た目年齢がギリギリかと(笑)
ですので今回がもしかすると最後のマゼットかもしれませんね。
b0121405_01250764.jpg



11回したとゆうことは、11人の嫁さん役がいたわけです。最初の頃はずっと姉さん女房でしたが、最近は年下ばかり。10人目と11人目は一回りも年下ですから、そりゃ私も歳をとるわけです(笑)

b0121405_01292773.jpg
でも還暦前の師匠がドン・ジョヴァンニをかっこよく演じてくれるので、15人目の嫁さんくらいまではいけるでしょうか。。。無理だろうなぁ。


とりあえず、11回目の結婚式が無事に終えてよかったです。


[PR]
by minoru_kusunoki | 2017-09-11 01:35 | Comments(0)

早々に完売。

ありがたいことに、9月6日公演のドン・ジョヴァンニ、完売いたしました。

本番直前になり、たくさんのお問い合わせをいただいておりますが、申し訳ありません。
また京都での『魔笛』や冬にかけてのコンサートも予定しております。そちらの方に是非お越しくださいませ。
b0121405_16180118.jpg

いよいよドン・ジョバンニの本番です。ワクワクします~。


[PR]
by minoru_kusunoki | 2017-09-02 16:19 | Comments(0)
弾丸で地元三重県熊野市に帰省。

16年ぶりに熊野花火大会に行ってきました。


大阪に出てくるまでの18年間、毎年みていた花火。
19歳で都会に来て、有名な花火大会にいくつか行きましたが、衝撃でした。
「都会の花火大会…なんてしょぼいんだ」と。


全ての花火大会を見たことはないですが、おそら満足度は日本一、いや世界一の花火大会、それが熊野花火大会だと思います。


一番の凄さはど迫力。山と岩に囲まれてるので、爆音です。
そして、10万人全てが近距離で観れる。もちろんその中でも特に良い場所はありますが。

見どころの一つは3尺玉。
都会の花火で、大きい花火だと感じるのが1尺玉とかです。
写真じゃつたわらないですが、海であげる3尺玉。観客との花火の距離感が近く、花火の大きさ伝わるでしょうか。



b0121405_01535283.jpg

そしてフィナーレの世界遺産の鬼ヶ城からのダイナミックなスケール。
b0121405_01561967.jpg
本当にお勧めです。
一生に一度、いや一生に十度は観ていただきたい。

毎年8月17日です。300年続く伝統の花火大会。今から宿の予約を!

[PR]
by minoru_kusunoki | 2017-08-22 02:00 | Comments(0)

たまには裏方。

昨年の合唱の演出を観てくださった別の合唱団から、舞台プランニングのオファーがあり、5周年記念演奏会の演出をさせていただくことになりました。

今までは、長いお付き合いで顔なじみの合唱団だったのですが、今回ははじめましての皆様ばかり。
今まで舞台説明は、下手くそな絵を観て頂くか、ホッチキスの箱で無理やり想像していただいていたのですが、さすがに今回は皆さん初めて歌いながら動く人たちばかりなので、頑張って模型を作製してみました。


去年まではざっくりこんな感じ。。。
b0121405_01051970.jpg


今年はちゃんとしました。

b0121405_01094681.jpg

やはりちゃんと模型があると説明がスムーズです。(今まで説明に時間かかってましたから)
ひな壇の下には照明をしこんだりして、幻想的に仕上げる予定。。。照明プランは頭の中にありますが、スタッフの方達が一目でわかるように現在資料作りに没頭。この作業が一番きつい。けど結構好きかも。合唱の発表会ではかなり変わったひな壇&照明です。本番まであと1カ月!こちらも楽しみな本番です。


そして来年もまたオファがきてます。来年はどんなのにしようかなぁと妄想が膨らみます。とりあえず来年は踊っていただこう♪
いつもは表舞台で歌ってますが、こうやって1年に1度くらいは裏方やるのも、とってもいい経験ですね~。

[PR]
by minoru_kusunoki | 2017-07-30 01:32 | Comments(0)

師匠との再演。

私の本格オペラデビューは、ドン・ジョヴァンニのマゼット役でした。
そしてその時のタイトルロールは師匠の田中由也先生。


そんな師匠の門下生によるオペラがこの秋上演されます。
音楽大学では門下制度があり、普通の大学でゆうゼミのようなものだそうです。在学中、週に1回~2回、マンツーマンで教えて頂く。いわば基礎の地盤を一緒に作り上げていただくめちゃくちゃ大事な存在です。


そんな素敵な門下生、後輩たちがかなりレベルが高く、門下でオペラができてしまうんです。

そしてナビゲーターは師匠の娘さんで、元宝塚歌劇団雪組の亜聖樹さん。以前お会いしたのが、彼女が小学生の頃だと思うので、共演が楽しみです。

ハイライト公演ですが、師匠との再演、そして11回目のマゼット!是非みにきてくださ~い。
b0121405_00573481.jpg
b0121405_00583665.jpg


[PR]
by minoru_kusunoki | 2017-06-30 01:01 | Comments(0)

憧れの色黒。

高校生時代、色白が嫌で、高所恐怖症なのに自宅の三角屋根によじ登り、真夏の灼熱の屋根の上にパンツ一丁で日焼けする。しかし、一時的に黒くはなるが、すぐに色白にもどっていた。都会だったら変質者として捕まっていたかもしれませんね。

そんな私、色黒になるチャンスがこの秋やってきました。
モーツァルト作曲の『魔笛』でモノスタトス(黒人役)をすることに。



声種が違いますが、モノスタトスと、蝶々夫人のゴローは、一度はやってみたいと思っていたので、楽しみです。

b0121405_22543892.jpg
b0121405_22554451.jpg


私は9月23日(土)14時開演の方に出演です。京都の紅葉狩りついでに、優雅なオペラの世界へ!


[PR]
by minoru_kusunoki | 2017-05-23 23:07 | Comments(0)

よっしゃ!人気ミュージカルに出演決定!…教え子が。近畿ブロックの大人から子供までの何百人もの中から数人しか選ばれない狭き門にアンサンブルメンバーとして出演が決定。彼女は最年少の9歳です。ちっちゃいけど、とても魅力的な歌をうたってくれるんです。この夏の楽しみがまた一つ増えました。

私自身、何度もオーディションを受けてきましたが、自分が受かるよりも教え子が受かる方が嬉しいですね。




そして鯉の季節がやってきましたー。カープは現在1位!!

写真はわが故郷、三重県熊野市の七里御浜です。

b0121405_23303585.jpg

いい風が吹いてます!!この追い風に乗って、ドンドン突き進みます!!


[PR]
by minoru_kusunoki | 2017-04-30 23:35 | Comments(2)

花鳥風月コンサート

武庫之荘でピアノ、ヴォイストレーニング、合唱をするなら、
武庫之荘クスノキ音楽教室

b0121405_01550113.jpg

我が街、武庫之荘には素敵な場所が沢山あります。今朝は北図書館のお隣、花鳥風月サロン(大原クリニック3F)で、和泉さんと、大学時代の同期の大原亜樹子さんと3人で、お子様向けのミニコンサートでした。近所ってのはいいものです。自宅から衣装をきて行けますからね。

たくさんのお客様にきていただいて、大盛況でした~。このプログラム、先日は京都で、そして今日は兵庫でしたが、次は岡山の予定?たぶん。

いずれは我が故郷の三重県にも行かないと。

b0121405_01561214.jpg


[PR]
by minoru_kusunoki | 2017-04-22 01:58 | Comments(0)

ピアノは習わないと!

武庫之荘でピアノ、ボイトレ、合唱をするなら『武庫之荘クスノキ音楽教室』へ

ホームページはこちらをクリック!!
武庫之荘クスノキ音楽教室


東大生の多くは、ピアノを習っているとよくいわれますが、実際調査したところ、音楽系の習い事をしていたのは6割強!だそうです。すごい率ですね。


以前私は、中学、高校の私立男子校の進学校にて音楽を教えておりましたが、男子校にもかかわらず3割以上の子供たちがピアノを習ってました。そして、何故かはわかりませんが、その中でもピアノの上手い子は、勉強も上位でした。


私自身、4人兄弟の末っ子ですが、ダントツにピアノが上手かった長男が、早稲田大学に行き、今でも研究者として活躍しています。


ピアノは習わないと!!


余談ですが、指揮者って楽器ができないから指揮棒を振り回していると思ってるかたも結構いるらしい(笑)
世界的に活躍する指揮者は、その辺のピアニストよりもピアノ弾けるし、その辺の研究者よりも楽譜を分析する哲学者。もちろん原語は5か国語くらい喋れるし、個性的な100人の演奏家をファーストコンタクトで操るわけですから、天才的頭脳の持ち主ではないでしょうか。(そして、関係ないけど意外に皆さん筋肉質です…笑)


ピアノは習わないと!!


そして、せっかくピアノをならうなら、『武庫之荘クスノキ音楽教室』
その理由はホームページのブログに記載してるのでこちらをクリック!
武庫之荘クスノキ音楽教室


ついでにボイストレーニングと合唱もやっちゃいましょう!(笑)

[PR]
by minoru_kusunoki | 2017-04-06 00:04 | Comments(0)

演奏会の告知をいたします


by minoru_kusunoki