クスノキミノルのはつらつインフォメーション

canforo.exblog.jp
ブログトップ

11回目の結婚式。

ドン・ジョヴァンニ、大盛況で終える事ができました。

私の大好きな役で、大好きな師匠と、兄弟弟子とで作り上げた舞台は楽しかったです。
同じ役を11回、しかも違うプロダクションで歌うことは、オペラでは中々できないことなので、この役で成長させていただいたと思っております。

ただ、新婚の役とゆうことなので、38歳の私には見た目年齢がギリギリかと(笑)
ですので今回がもしかすると最後のマゼットかもしれませんね。
b0121405_01250764.jpg



11回したとゆうことは、11人の嫁さん役がいたわけです。最初の頃はずっと姉さん女房でしたが、最近は年下ばかり。10人目と11人目は一回りも年下ですから、そりゃ私も歳をとるわけです(笑)

b0121405_01292773.jpg
でも還暦前の師匠がドン・ジョヴァンニをかっこよく演じてくれるので、15人目の嫁さんくらいまではいけるでしょうか。。。無理だろうなぁ。


とりあえず、11回目の結婚式が無事に終えてよかったです。


[PR]
# by minoru_kusunoki | 2017-09-11 01:35 | Comments(0)

早々に完売。

ありがたいことに、9月6日公演のドン・ジョヴァンニ、完売いたしました。

本番直前になり、たくさんのお問い合わせをいただいておりますが、申し訳ありません。
また京都での『魔笛』や冬にかけてのコンサートも予定しております。そちらの方に是非お越しくださいませ。
b0121405_16180118.jpg

いよいよドン・ジョバンニの本番です。ワクワクします~。


[PR]
# by minoru_kusunoki | 2017-09-02 16:19 | Comments(0)
弾丸で地元三重県熊野市に帰省。

16年ぶりに熊野花火大会に行ってきました。


大阪に出てくるまでの18年間、毎年みていた花火。
19歳で都会に来て、有名な花火大会にいくつか行きましたが、衝撃でした。
「都会の花火大会…なんてしょぼいんだ」と。


全ての花火大会を見たことはないですが、おそら満足度は日本一、いや世界一の花火大会、それが熊野花火大会だと思います。


一番の凄さはど迫力。山と岩に囲まれてるので、爆音です。
そして、10万人全てが近距離で観れる。もちろんその中でも特に良い場所はありますが。

見どころの一つは3尺玉。
都会の花火で、大きい花火だと感じるのが1尺玉とかです。
写真じゃつたわらないですが、海であげる3尺玉。観客との花火の距離感が近く、花火の大きさ伝わるでしょうか。



b0121405_01535283.jpg

そしてフィナーレの世界遺産の鬼ヶ城からのダイナミックなスケール。
b0121405_01561967.jpg
本当にお勧めです。
一生に一度、いや一生に十度は観ていただきたい。

毎年8月17日です。300年続く伝統の花火大会。今から宿の予約を!

[PR]
# by minoru_kusunoki | 2017-08-22 02:00 | Comments(0)

たまには裏方。

昨年の合唱の演出を観てくださった別の合唱団から、舞台プランニングのオファーがあり、5周年記念演奏会の演出をさせていただくことになりました。

今までは、長いお付き合いで顔なじみの合唱団だったのですが、今回ははじめましての皆様ばかり。
今まで舞台説明は、下手くそな絵を観て頂くか、ホッチキスの箱で無理やり想像していただいていたのですが、さすがに今回は皆さん初めて歌いながら動く人たちばかりなので、頑張って模型を作製してみました。


去年まではざっくりこんな感じ。。。
b0121405_01051970.jpg


今年はちゃんとしました。

b0121405_01094681.jpg

やはりちゃんと模型があると説明がスムーズです。(今まで説明に時間かかってましたから)
ひな壇の下には照明をしこんだりして、幻想的に仕上げる予定。。。照明プランは頭の中にありますが、スタッフの方達が一目でわかるように現在資料作りに没頭。この作業が一番きつい。けど結構好きかも。合唱の発表会ではかなり変わったひな壇&照明です。本番まであと1カ月!こちらも楽しみな本番です。


そして来年もまたオファがきてます。来年はどんなのにしようかなぁと妄想が膨らみます。とりあえず来年は踊っていただこう♪
いつもは表舞台で歌ってますが、こうやって1年に1度くらいは裏方やるのも、とってもいい経験ですね~。

[PR]
# by minoru_kusunoki | 2017-07-30 01:32 | Comments(0)

師匠との再演。

私の本格オペラデビューは、ドン・ジョヴァンニのマゼット役でした。
そしてその時のタイトルロールは師匠の田中由也先生。


そんな師匠の門下生によるオペラがこの秋上演されます。
音楽大学では門下制度があり、普通の大学でゆうゼミのようなものだそうです。在学中、週に1回~2回、マンツーマンで教えて頂く。いわば基礎の地盤を一緒に作り上げていただくめちゃくちゃ大事な存在です。


そんな素敵な門下生、後輩たちがかなりレベルが高く、門下でオペラができてしまうんです。

そしてナビゲーターは師匠の娘さんで、元宝塚歌劇団雪組の亜聖樹さん。以前お会いしたのが、彼女が小学生の頃だと思うので、共演が楽しみです。

ハイライト公演ですが、師匠との再演、そして11回目のマゼット!是非みにきてくださ~い。
b0121405_00573481.jpg
b0121405_00583665.jpg


[PR]
# by minoru_kusunoki | 2017-06-30 01:01 | Comments(0)

演奏会の告知をいたします


by minoru_kusunoki